コラーゲン

スキンケアについて調べると、必ずと言って良いほど頻出する「コラーゲン」。具体的にはどんな役割を持った成分なのか、どうやって増やせば良いのかを見ていきましょう。

コラーゲンとは?

コラーゲンとは、人の体の中の様々な器官を構成している、繊維状のたんぱく質のことを言います。人間の体を構成するたんぱく質の中でも、約30%がコラーゲンであるとされています。

コラーゲンは肌の一部だと考えている人もいますが、粘膜や骨、靭帯、血管など…体のあらゆる部位にも存在しています。コラーゲンは年齢を重ねていくごとに減少するとされており、その他の様々な外的要因によっても減少するとされているため注意しましょう。

コラーゲンの役割とは?

コラーゲンが持つ役割は様々です。有名なのは肌のハリを保つことです。コラーゲンは肌の表皮の下層に位置する「真皮」の主成分であり、肌の外側ではなく内側で肌のハリや弾力を維持しています。真皮の約70%がコラーゲンで構成されていることからも、肌のハリや美しさ、コンディションがコラーゲンと深い関連を持っているとされています。

また、コラーゲンは肌の美しさだけではなく、骨を丈夫にする役割も担っています。加齢とともにコラーゲンが減少すると、骨がもろくなって骨粗しょう症のリスクが高まるなどの影響も及びます。

コラーゲンは肌の美しさだけではなく、体全体の健康や老化にも大きくかかわっている成分なのです。

コラーゲンを守る方法、増やす方法

コラーゲンは加齢とともに年々減っていく成分ですから、積極的に減少を防いで生成を促していきましょう。

コラーゲンの大敵とも言われるのが紫外線です。紫外線を浴びると皮膚にダメージが加わり、コラーゲンが分解され減少へと繋がります。紫外線ダメージは正常なコラーゲンの生成能力を低下させてしまう働きもあるため、夏だけではなく一年中を通して紫外線対策を徹底しましょう。普段から日焼け止めを塗り、帽子や日傘などを利用して直射日光から肌を守ることが大切です。

また、たんぱく質が体温で余分な糖と結びついてしまうことで、たんぱく質が「糖化」しコラーゲンが減少することもあります。お菓子やジュースなどの摂り過ぎを控えましょう。

コラーゲンの合成にはビタミンCや鉄分が必要とされているため、サプリや食事を通してビタミン類とミネラル類を摂るようにしましょう。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら