トラネキサム酸

トラネキサム酸(トランサミン)は、美白効果が期待できるとされている薬品のこと。具体的な効果や副作用についてまとめました。

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸とは、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。炎症やアレルギーを抑える効果があるため医療用医薬品として処方されていましたが、近年では美白効果ももたらすとされ、美容界隈でも重宝されています。

トランサミンには「プラスミン」と呼ばれる、血液を溶かしたり炎症を引き起こしたりする物質の作用を抑える働きが認められていおり、美容目的の他にも、口内炎治療薬や歯磨き粉などに使われることもあります。

医療機関で一般に処方されているのは「トランサミン」という医薬品ですが、他の名前でジェネリック医薬品も数種類出ています。

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸は、のどの痛みや口内炎などの炎症を抑える働きがあるため、病院で処方されることがあります。ウイルス感染や出血によって発生するプラスミンの働きを抑えて、症状を緩和させる効果が期待できる成分です。

また、2002年には厚生労働省から「美白効果のある成分」としても認可を受けており、シミや色素沈着の原因となるメラニン色素の生成を抑える作用が期待できます。炎症を抑える働きも持っているため、紫外線ダメージによるシミの抑制や、傷やそばかす・肝斑・老人性色素班などによる炎症後の色素沈着を抑制する働きもあるとされています。実際に肝斑の治療法としてトラネキサム酸が使用されていて、ビタミンC剤と組み合わせて処方されることが多い成分です。

また、トラネキサム酸は血液を固める効果があることから、止血にも使われます。例えばケガによる出血だけではなく、生理による出血を抑え、生理時の経血量を減らすことにも使われています。

トラネキサム酸を摂り入れるには

トラネキサム酸錠は医薬品のため、必ず医師や薬剤師に処方してもらう必要があります。化粧品によって肌に利用する場合は、リスクも低く専門家からの処方も必要ありません。

トラネキサム酸が配合されている市販の医薬品を利用する方法もあり、美白やシミケアを目的とした市販薬であれば、専門家からの処方は必要なく手軽に購入できます。ただし、市販薬は含有量が少ないため、高い効果を期待するなら処方薬が適切です。

トラネキサム酸の注意点・副作用

トラネキサム酸の副作用は吐き気や食欲不振、下痢、過敏症、発疹などで現れます。もし副作用が出たらすぐに服用を中止しましょう。

また、トラネキサム酸には止血効果があるため、止血を促進する「トロンビン」という薬と飲み合わせると血栓ができやすくななります。血栓や血栓症の危険性がある人や、妊娠・授乳中の人、腎不全の症状が見受けられる人、圧迫止血の処置を受けている人などは注意が必要です。ピルとの併用もできません。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら