季節別の肌ケア方法【春編】

季節によって気温や湿度が異なるため、スキンケア方法も季節に合わせると肌質を綺麗に保てます。春にふさわしいスキンケア方法をチェックしていきましょう。

春の肌はどんな状態?

春は心地よい日差しが注ぎ、花もたくさん開花します。寒い冬との気温差が激しく、紫外線も強くなるうえ、花粉も飛び交うことから肌は少し敏感になりがち。

春風に乗って花粉やほこりが肌に付着しやすい他、湿度が低いため肌のバリア機能も低下しやすくなっています。

紫外線も3月ごろから強くなって、5月から8月に向けて最も強くなります。紫外線ダメージも受けやすいので注意し魔将。

春の肌トラブルの原因とは

気温差

春は「三寒四温」とも言われる通り、極端に寒い日や暑い日が突拍子もなく訪れます。そのため体がバランスを崩しやすく、肌のバリア機能が低下しやすくなります。

他の季節よりも、体調の変化を受けて肌荒れのリスクが高まります。

紫外線

3月の紫外線量は9月に注ぐ紫外線量とほぼ同じくらいです。そのため寒い日でも油断せずしっかり紫外線対策をすることが大切。バリア機能が低下しているため、紫外線ダメージをより受けやすくなっています。

花粉

春に吹く風は強いため、花粉やほこりなどの微粒子汚れがたくさん飛んできて肌に付着してしまいます。花粉は肌に付着すると「花粉皮膚炎」という症状を引き起こし、肌荒れの原因になります。

大気汚染物質

春には黄砂やPM2.5といった大気汚染物質が増加します。大気汚染物質は肌に付着すると活性酸素を増やし、皮膚のバリア機能を壊してしまうため肌荒れの原因になりがちです。

春の肌トラブル対策

春はまず花粉対策を徹底しましょう。外出時にはマスクやメガネ、帽子を使って花粉に触れないように気を付けます。髪の毛にも花粉が付着しやすいですから、春はダウンスタイルではなく髪をまとめた方が安心。

基礎化粧品は敏感肌にも優しい低刺激なタイプに変えましょう。洗顔するときもゴシゴシ擦り洗いをするのではなく、しっかり洗顔料を泡立てて、優しく撫でるように洗います。メイクを落とすときもふき取りタイプではなく、ミルクタイプやオイルタイプがおすすめです。

他にも、しっかり保湿をしてバリア機能を高め、日焼け止めで紫外線を防ぎましょう。たんぱく質や緑黄色野菜でビタミンやたんぱく質を補い、ストレスケアや睡眠時間を確保して体調を整えることも大切です。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら