アラフォーの顔のたるみ解決GUIDE » 美容&スキンケアの基礎知識

美容&スキンケアの基礎知識

皮下脂肪

皮下脂肪は肌の内側についている脂肪のことで、外部からの衝撃や寒さなどから体を守る役割があります。皮下脂肪が増えすぎると肌が垂れさがってたるみの原因に。顔の皮下脂肪は体全体の脂肪を減らすことで解消していきましょう。

皮下脂肪が原因のたるみについて
もっと詳しく

骨密度

骨密度は、骨の丈夫さや骨内部のつまり具合を示す度合いです。骨密度は加齢とともに減少していく傾向にあり、女性は特に減りやすい傾向にあります。骨密度が減ると肌を支えきれずたるみに繋がるため、骨密度の減少対策をチェックしましょう。

骨密度が原因のたるみについて
もっと詳しく

コラーゲン

コラーゲンは人の体を構成しているたんぱく質の一つで、肌のハリや潤いの他、骨の丈夫さなども維持しています。コラーゲンは加齢や紫外線で減少していく傾向があるため、必要な栄養を補給したり紫外線を防いだりして維持していきましょう。

コラーゲンが原因のたるみについて
もっと詳しく

ターンオーバー

人の肌の表皮が古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるサイクルを、ターンオーバーと言います。ターンオーバーが乱れると肌荒れや肌トラブルを起こしやすくなるため、ターンオーバーの周期目安や乱れる原因、整え方を確認しておきましょう。

ターンオーバーが原因のたるみについて
もっと詳しく

抗酸化作用

抗酸化作用とは、肌などを酸化から守ろうとする働きのことです。肌の酸化が起きると肌のたるみやシワなどが引き起こされてしまいます。抗酸化作用を高めるためには日ごろから紫外線対策をしたり、食材から栄養を摂ったりすることが効果的です。

抗酸化作用が原因のたるみについて
もっと詳しく

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防ぐことから「若返りのビタミン」と呼ばれています。不足すると血行不良などの影響が懸念されるビタミンEの具体的な美肌効果や、効率的な摂取方法などをみていきましょう。

ビタミンEとスキンケアについて
もっと詳しく

シミ、そばかす、肝斑の違い

シミは紫外線を浴び続けることでできる「老人性色素班」、そばかすは遺伝的に表れる細かな斑点です。肝斑は女性ホルモンの影響を受けて現れやすいのが特徴。それぞれで異なるシミ・そばかす・肝斑の特徴や、これらを防ぐ方法を見ていきましょう。

シミ、そばかす、肝斑の違いとスキンケアについて
もっと詳しく

肌質の違い

肌質は人によって異なり、スキンケア方法も肌質によって適切なものに変えることが」大切です。脂性肌は皮脂が過剰分泌されてテカりやすく、乾燥肌は肌がカサついて刺激に弱いのが特徴。脂性肌や乾燥肌、2つの特徴を併せ持つ混合肌の違いや特徴を見ていきましょう。

肌質の違いとスキンケアについて
もっと詳しく

乾燥肌

乾燥肌になるのは、刺激の強いクレンジングや洗顔、化粧品などを使用することなどが原因だと考えられています。乾燥肌を改善するためには、肌をしっかり保湿してスキンケアや部屋の湿度管理を徹底し、紫外線対策で肌をダメージから守りましょう。

乾燥肌とスキンケアについて
もっと詳しく

脂性肌(オイリー肌)

皮脂が過剰分泌されてしまう脂性肌は、必要以上に皮脂を取り除いてしまうことや、生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、間違った方法でのスキンケアが原因として考えられます。保湿重視のスキンケアや正しい生活習慣で予防していきましょう。

脂性肌(オイリー肌)とスキンケアについて
もっと詳しく

アトピー肌の特徴と注意点

アトピー肌はアトピー性皮膚炎によって肌が炎症を起こしたものであり、乾燥やかゆみといった症状が現れます。治療には長期を要しますが、医師の指示に従いステロイド軟膏や保湿薬などできちんとケアをすること、入浴時にはたっぷりの泡で優しく洗い、すぐに保湿をすることが大切です。

アトピー肌の特徴と注意点について
もっと詳しく

敏感肌の特徴と注意点

敏感肌は乾燥しやすい、赤みが出るなどの症状が出るものであり、肌の乾燥や睡眠不足などが要因として引き起こされると考えられています。肌への刺激を抑え、正しいスキンケアをして保湿をしっかりする、紫外線から肌を守ることが大切です。

敏感肌の特徴と注意点について
もっと詳しく

色素沈着の特徴と改善方法

色素沈着は、ニキビなどの炎症による傷跡や衣類などの摩擦によってメラニンが過剰に生成し、排泄されずに真皮内に残ることで肌に色がつくものです。色素沈着にはハイドロキノンやトラネキサム酸などの成分が有効とされています。

色素沈着の特徴と改善方法について
もっと詳しく

セラミド

セラミドは肌の角質層の隙間を水分で満たすことで、肌の中に水分を引き留める働きをしています。セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下し、乾燥や肌荒れの要因となってしまいます。セラミドにはいくつか種類がありますが、天然セラミドやバイオセラミドは価格が高くても高い保湿力と浸透力を有しています。

セラミドについて
もっと詳しく

プラセンタ

哺乳動物の胎盤から抽出されるプラセンタは、必須アミノ酸や成長因子が豊富に含まれており美白・シワ予防・保湿などの効果が期待されています。化粧品に使われているプラセンタの約9割は、ブタから抽出されたブタプラセンタです。

プラセンタについて
もっと詳しく

エラスチン

エラスチンは肌のうるおいを保つ「コラーゲン」同士を結び付け、皮膚の弾力を保つ働きをもっています。心臓や血管に弾力を与えて動脈硬化を防ぐ効果も期待できます。牛筋や手羽先、軟骨、煮魚の他、サプリメントから効率よく摂取できます。

エラスチンについて
もっと詳しく

アスタキサンチン

サケやイクラ・エビなどに含まれている赤色の天然色素を「アスタキサンチン」と言います。活性酸素を除去する強力な抗酸化作用を持っており、肌の黒ずみを防いで美白・美肌効果が期待できます。サケやイクラといった食事の他、サプリメントからも摂取できます。

アスタキサンチンについて
もっと詳しく

フラーレン

炭素のみで作られた同素体である「フラーレン」は、ビタミンCの250倍以上の抗酸化作用をもっています。肌のエイジングケア効果やニキビの炎症を防ぐ効果などが期待でき、皮膚科のドクターにも美容成分として選ばれています。

フラーレンについて
もっと詳しく

ポリフェノール

植物が光合成によって生成している抗酸化物質「ポリフェノール」は、植物によって8,000種類以上が存在しています。お茶やブドウ、大豆、カカオなどに多く含まれており、抗酸化作用の他にも抗菌・殺菌作用や血糖値上昇の抑制などの効果が期待できます。

ポリフェノールについて
もっと詳しく

L-システイン

皮膚が生まれ変わるターンオーバーを促す働きをもっているL-システインは、体内で合成することのできる成分です。メラニン色素の排出を促して美白・美肌効果が期待できる他、二日酔い対策にも向いています。

L-システインについて
もっと詳しく

皮下脂肪

皮下脂肪は肌の内側についている脂肪のことで、外部からの衝撃や寒さなどから体を守る役割があります。皮下脂肪が増えすぎると肌が垂れさがってたるみの原因に。顔の皮下脂肪は体全体の脂肪を減らすことで解消していきましょう。

皮下脂肪が原因のたるみについて
もっと詳しく

骨密度

骨密度は、骨の丈夫さや骨内部のつまり具合を示す度合いです。骨密度は加齢とともに減少していく傾向にあり、女性は特に減りやすい傾向にあります。骨密度が減ると肌を支えきれずたるみに繋がるため、骨密度の減少対策をチェックしましょう。

骨密度が原因のたるみについて
もっと詳しく

コラーゲン

コラーゲンは人の体を構成しているたんぱく質の一つで、肌のハリや潤いの他、骨の丈夫さなども維持しています。コラーゲンは加齢や紫外線で減少していく傾向があるため、必要な栄養を補給したり紫外線を防いだりして維持していきましょう。

コラーゲンが原因のたるみについて
もっと詳しく

ターンオーバー

人の肌の表皮が古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるサイクルを、ターンオーバーと言います。ターンオーバーが乱れると肌荒れや肌トラブルを起こしやすくなるため、ターンオーバーの周期目安や乱れる原因、整え方を確認しておきましょう。

ターンオーバーが原因のたるみについて
もっと詳しく

抗酸化作用

抗酸化作用とは、肌などを酸化から守ろうとする働きのことです。肌の酸化が起きると肌のたるみやシワなどが引き起こされてしまいます。抗酸化作用を高めるためには日ごろから紫外線対策をしたり、食材から栄養を摂ったりすることが効果的です。

抗酸化作用が原因のたるみについて
もっと詳しく

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防ぐことから「若返りのビタミン」と呼ばれています。不足すると血行不良などの影響が懸念されるビタミンEの具体的な美肌効果や、効率的な摂取方法などをみていきましょう。

ビタミンEとスキンケアについて
もっと詳しく

シミ、そばかす、肝斑の違い

シミは紫外線を浴び続けることでできる「老人性色素班」、そばかすは遺伝的に表れる細かな斑点です。肝斑は女性ホルモンの影響を受けて現れやすいのが特徴。それぞれで異なるシミ・そばかす・肝斑の特徴や、これらを防ぐ方法を見ていきましょう。

シミ、そばかす、肝斑の違いとスキンケアについて
もっと詳しく

肌質の違い

肌質は人によって異なり、スキンケア方法も肌質によって適切なものに変えることが」大切です。脂性肌は皮脂が過剰分泌されてテカりやすく、乾燥肌は肌がカサついて刺激に弱いのが特徴。脂性肌や乾燥肌、2つの特徴を併せ持つ混合肌の違いや特徴を見ていきましょう。

肌質の違いとスキンケアについて
もっと詳しく

乾燥肌

乾燥肌になるのは、刺激の強いクレンジングや洗顔、化粧品などを使用することなどが原因だと考えられています。乾燥肌を改善するためには、肌をしっかり保湿してスキンケアや部屋の湿度管理を徹底し、紫外線対策で肌をダメージから守りましょう。

乾燥肌とスキンケアについて
もっと詳しく

脂性肌(オイリー肌)

皮脂が過剰分泌されてしまう脂性肌は、必要以上に皮脂を取り除いてしまうことや、生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、間違った方法でのスキンケアが原因として考えられます。保湿重視のスキンケアや正しい生活習慣で予防していきましょう。

脂性肌(オイリー肌)とスキンケアについて
もっと詳しく

アトピー肌の特徴と注意点

アトピー肌はアトピー性皮膚炎によって肌が炎症を起こしたものであり、乾燥やかゆみといった症状が現れます。治療には長期を要しますが、医師の指示に従いステロイド軟膏や保湿薬などできちんとケアをすること、入浴時にはたっぷりの泡で優しく洗い、すぐに保湿をすることが大切です。

アトピー肌の特徴と注意点について
もっと詳しく

敏感肌の特徴と注意点

敏感肌は乾燥しやすい、赤みが出るなどの症状が出るものであり、肌の乾燥や睡眠不足などが要因として引き起こされると考えられています。肌への刺激を抑え、正しいスキンケアをして保湿をしっかりする、紫外線から肌を守ることが大切です。

敏感肌の特徴と注意点について
もっと詳しく

色素沈着の特徴と改善方法

色素沈着は、ニキビなどの炎症による傷跡や衣類などの摩擦によってメラニンが過剰に生成し、排泄されずに真皮内に残ることで肌に色がつくものです。色素沈着にはハイドロキノンやトラネキサム酸などの成分が有効とされています。

色素沈着の特徴と改善方法について
もっと詳しく

セラミド

セラミドは肌の角質層の隙間を水分で満たすことで、肌の中に水分を引き留める働きをしています。セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下し、乾燥や肌荒れの要因となってしまいます。セラミドにはいくつか種類がありますが、天然セラミドやバイオセラミドは価格が高くても高い保湿力と浸透力を有しています。

セラミドについて
もっと詳しく

プラセンタ

哺乳動物の胎盤から抽出されるプラセンタは、必須アミノ酸や成長因子が豊富に含まれており美白・シワ予防・保湿などの効果が期待されています。化粧品に使われているプラセンタの約9割は、ブタから抽出されたブタプラセンタです。

プラセンタについて
もっと詳しく

エラスチン

エラスチンは肌のうるおいを保つ「コラーゲン」同士を結び付け、皮膚の弾力を保つ働きをもっています。心臓や血管に弾力を与えて動脈硬化を防ぐ効果も期待できます。牛筋や手羽先、軟骨、煮魚の他、サプリメントから効率よく摂取できます。

エラスチンについて
もっと詳しく

アスタキサンチン

サケやイクラ・エビなどに含まれている赤色の天然色素を「アスタキサンチン」と言います。活性酸素を除去する強力な抗酸化作用を持っており、肌の黒ずみを防いで美白・美肌効果が期待できます。サケやイクラといった食事の他、サプリメントからも摂取できます。

アスタキサンチンについて
もっと詳しく

フラーレン

炭素のみで作られた同素体である「フラーレン」は、ビタミンCの250倍以上の抗酸化作用をもっています。肌のエイジングケア効果やニキビの炎症を防ぐ効果などが期待でき、皮膚科のドクターにも美容成分として選ばれています。

フラーレンについて
もっと詳しく

ポリフェノール

植物が光合成によって生成している抗酸化物質「ポリフェノール」は、植物によって8,000種類以上が存在しています。お茶やブドウ、大豆、カカオなどに多く含まれており、抗酸化作用の他にも抗菌・殺菌作用や血糖値上昇の抑制などの効果が期待できます。

ポリフェノールについて
もっと詳しく

L-システイン

皮膚が生まれ変わるターンオーバーを促す働きをもっているL-システインは、体内で合成することのできる成分です。メラニン色素の排出を促して美白・美肌効果が期待できる他、二日酔い対策にも向いています。

L-システインについて
もっと詳しく

セリン

セリンは非必須アミノ酸の一種であり、神経細胞の材料となることで知られています。脳の働きを助けたりホルモンバランスを整えたりする他、肌の保湿や美白に効果が期待できます。牛乳や大豆から摂取できる他、サプリメントでも効率良く摂取できます。

セリンについて
もっと詳しく

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンの一つで、人の視力を強くする働きをもっています。皮膚や粘膜を構成する「上皮細胞」の生成にも役立ち、くすみやシミを目立たなくしたり、コラーゲンの合成を促して肌を潤す効果も期待できます。

ビタミンAについて
もっと詳しく

ビタミンC

強い抗酸化作用を持つビタミンCは、活性酸素の増加を抑えて免疫力を高めます。生活習慣病の予防に役立つ他、肌の美白効果やしわ・シミ予防に役立つことでも知られています。ビタミンCは野菜やフルーツなどから摂取することが可能です。

ビタミンCについて
もっと詳しく

レスベラトロール

サンタベリーやブドウなどに含まれているポリフェノールの一種がレスベラトロールと呼ばれるもの。高い抗酸化作用によって、肌のハリを維持したり、しわやたるみ、くすみなどを予防する効果が期待できます。

レスベラトロールについて
もっと詳しく

リコピン

リコピンはトマトやすいかなどに含まれている、天然の赤色色素のことです。ビタミンEの約100倍もの抗酸化作用を持っており、人の免疫力を高めて血流を改善したり、太りにくく痩せやすい体質に導いたりするほか、美白などにも役立つとされています。

リコピンについて
もっと詳しく

スクワラン・スクワラン

スクワランはスクワレンを安定化させたものです。スクワレンは不飽和脂肪酸の一種で、体中に酸素を運ぶ役割を持っています。人の体で生成されるスクワレンは25歳ごろから減少するため、外部からの摂取が大切。体中に酸素を運んで、新陳代謝を促す効果などが期待できます。

スクワラン・スクワレン
についてもっと詳しく

グリシン

人の体内で合成される非必須アミノ酸のグリシンは、コラーゲンの約3分の1の割合を占め、肌のきめを整えて毛穴開きなどに効果をもたらします。抗うつ作用もあるグリシンは、食事やサプリメントで摂取できます。

グリシンについて
もっと詳しく

ビオチン

ビオチンはビタミンB7という呼び方もされる成分。エネルギーの代謝を促す働きがあり、糖の代謝を助けたり筋肉や皮膚・髪の毛を健康的に作り出したりする働きに作用します。皮膚炎にも効果が期待できるビオチンを、食事やサプリで摂取しましょう。

ビオチンについて
もっと詳しく

ビタミンB2

水溶性のビタミンB群の一種であり、三大栄養素の炭水化物・たんぱく質・脂質を退社する働きを促しています。エネルギーを効率よく生成し、皮膚や粘膜の機能維持と成長に大きな影響を持つ「美容・発育のビタミン」です。

ビタミンB2について
もっと詳しく

ビタミンB12

コバラミンという呼び方でも知られるビタミンB12は、造血のビタミンとして知られています。ヘモグロビンの合成を助けたり、神経細胞を正常に保ったりといった働きを持ち、睡眠の質を高める効果も期待できます。

ビタミンB12について
もっと詳しく

ヒアルロン酸

優れた保水力を持つ成分であるヒアルロン酸は、肌の潤いを維持し、乾燥から守る役割を果たします。目にも働きかけてドライアイの予防や改善にも役立つヒアルロン酸は、豚足、ふかひれやウナギなどの食品から摂取可能です。

ヒアルロン酸について
もっと詳しく

食物繊維

野菜や果物などに多く含まれている食物繊維は、第6の栄養素とも呼ばれています。水溶性食物繊維は水に溶け、不溶性食物繊維は体内で膨張。どちらも腸内環境の改善に働きかけ、特にニンジン、ゴボウやキャベツに多く含まれています。

食物繊維について
もっと詳しく

必須ミネラルの一つである鉄は、赤血球の構成に大きくかかわっており、鉄が不足すると貧血になり、免疫力が低下してしまうのが特徴。赤身の肉や魚から摂取できる鉄は、ビタミンCと一緒に摂取すると吸収効率が高まります。

鉄について
もっと詳しく

様々な酵素の構成成分として働くミネラルの一種である銅は、鉄の働きを助ける他、生命活動の維持に必要な成分です。銅は魚貝類やレバーなどに多く含まれており、コラーゲンやエスラチンの生成にも関係しているため、毛髪や肌の健康にも作用しています。

銅について
もっと詳しく

葉酸

水溶性ビタミンB群の一種であり、造血のビタミンという呼び方でも知られており、胎児や乳幼児の発育にもかかわるため、特に妊娠中や授乳中の女性に多く必要です。葉酸はレバーやほうれん草、ナッツ類から多く摂取できます。

葉酸について
もっと詳しく

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら