抗酸化作用

抗酸化作用とは、「肌の酸化」を防ぐ働きのことを言います。実際に肌の酸化とは何なのか、起こるとどうなるのか…。抗酸化作用や肌の酸化についてチェックしていきましょう。

肌の酸化とは?

近年になって見聞きすることが増えた「肌の酸化」とは、文字通り肌が酸化反応を起こす現象をいいます。酸化とは酸素と物質がくっつくことで、肌の場合は紫外線や喫煙、大気汚染物質やストレス、体調不良など…日常生活の様々な「酸化ストレス」を受けることによって、「活性酸素」が生じます。

肌の酸化によって生じる活性酸素は、あらゆる肌トラブルの原因となります。

肌が酸化するとどうなる?

酸化は人が生きていれば必ず生じるものであり、人の体にはもともと酸化から肌を守るシステムも働いています。しかし長年にわたって酸化ストレスが蓄積されたり、加齢によって酸化から肌を守るシステムが低下したりすると、酸化による悪影響が出はじめます。

例えば紫外線による酸化では、メラニンが生成され肌が黒くなり、色素沈着によるシミなどができます。酸化ダメージは蓄積されるとシワやたるみにも繋がり、肌の内側にある皮脂やコラーゲンなどもダメージを受けてしまいます。

肌の酸化によって生じる活性酸素が、肌や体の細胞を老化させてしまうのです。見た目年齢が分かりやすく衰え、肌のバリア機能も低下するなど、様々なトラブルが生じます。

酸化を予防する方法

肌の酸化を防ぐ一番の方法は、酸化ストレスに肌を触れさせないことです。中でも紫外線のダメージは大きいため、夏だけではなく一年中を通して紫外線対策を徹底しましょう。日焼け止めを塗り、帽子や日傘で直射日光から肌を守ることが大切です。

また、皮脂が過剰に分泌されないようにスキンケアも丁寧に行いましょう。

運動不足や睡眠不足を解消し、ストレスをためないように心がけることでも、体調を整えて肌のバリア機能を回復させることに繋がります。

抗酸化作用のある栄養素

体を酸化から守る「抗酸化作用」はもともと人の体に備わっていますが、加齢とともに働きが低下していきます。抗酸化作用を持つ栄養素を食事から摂取して補いましょう。

  • ビタミンC:緑黄色野菜やフルーツなど
  • ビタミンE:植物油や種実類など
  • ポリフェノール類:プルーンやりんご、赤ワイン、コーヒー、緑茶、紅茶など
  • ミネラル類:海藻類や魚介類、納豆など
  • カロテノイド:緑黄色野菜やフルーツの黄色、オレンジ、赤色の色素成分など

以上のような食材が、抗酸化作用をたくさん含んでいておすすめです。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら