アラフォーの顔のたるみ解決GUIDE » 顔がたるむ原因とは?40代編 » 紫外線や乾燥で肌がたるんでしまう理由

紫外線や乾燥で肌がたるんでしまう理由

紫外線や乾燥によって生じる肌のたるみについて、原因や具体的な対策方法をリサーチしました。

紫外線・乾燥で肌がたるむ理由

肌の乾燥や紫外線によるダメージが蓄積されると、以下のような理由で肌がたるみやすくなってしまいます。

紫外線が皮下組織を破壊する

紫外線対策が必要と言われる理由は様々ありますが、そのうちの一つが、紫外線によってコラーゲンやエスラチンなどの、皮下組織が破壊されてしまうことです。加齢によってコラーゲンやエスラチンはどんどん生成量が落ちてしまいますが、紫外線ダメージが蓄積されることによって、さらにこれらが破壊され減少してしまいます。

また、コラーゲンやエスラチンを生成している「繊維芽細胞」もまた、紫外線によって傷つけられます。皮下組織が減少した肌はうるおいやハリをなくし、肌がたるんでしまいます。

肌の乾燥でハリがなくなる

肌にハリがあってたるみがない状態というのは、肌に充分なうるおいが維持されていることを意味します。人は年齢を重ねると共に、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸といったうるおい成分が減少していく傾向があります。そのため、肌が乾燥しやすくなり、うるおいをなくしたたるみ肌になってしまうというわけです。

このため、年齢を重ねる度に年齢に見合ったスキンケアが必要となります。昔と変わらないスキンケアを続けていることでも、肌の乾燥に繋がる要因の一つです。

紫外線・乾燥によるたるみの対策方法

紫外線や乾燥による肌のたるみには、以下のようなスキンケアで対策していきましょう。

紫外線対策をする

紫外線をなるべく浴びないように対策して、紫外線による蓄積ダメージを少しでも減らしましょう。紫外線は暑い夏の季節だけではなく、寒い冬の日にも降り注いでいます。雨の日や曇りの日にも紫外線は降り注いでいるため、年中無休で紫外線対策を徹底しましょう。

UV効果のあるメイク下地や、日焼け止めクリーム・スプレーを活用しましょう。日差しが強い日には日傘や帽子なども使って紫外線から身を守ってください。

乾燥対策をする

加齢とともに肌のうるおい成分が減少するため、コラーゲンやヒアルロン酸などをスキンケアで補いましょう。化粧水や乳液、美容液を選ぶ際は、美容成分の多いエイジング美容液を使用するのがおすすめです。パックを利用して化粧水や美容液を浸透させるのも良いでしょう。

洗顔をするときは、刺激の強い洗顔料を使ったり熱いお湯を使ったりすると、肌に刺激を加えて乾燥を悪化させるので注意してください。また、肌の乾燥対策として室内の空気の乾燥にも注意しましょう。加湿器や観葉植物などを利用して、部屋の湿度に注意すると肌の乾燥も防げます。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら