アラフォーの顔のたるみ解決GUIDE » 顔のたるみを予防する生活習慣

顔のたるみを予防する
生活習慣

顔のたるみに効く
スキンケア成分

顔のたるみ予防には、肌をつくる成分であるコラーゲンが有効です。肌にハリ、弾力、潤いを与えるのはもちろん、全身の健康を保つために欠かせません。コラーゲンの働きを助けるビタミンC、ヒト幹細胞培養液や、ヒアルロン酸、レチノールも、頼れるスキンケア成分です。

日々の食事やサプリメント、化粧品などで摂取できますが、毎日継続して摂ることが大切です。

顔のたるみにきく
スキンケア成分を見る

顔のたるみ予防ができる食事

顔のたるみや老化を予防するためには、抗酸化作用のあるビタミン類や、ポリフェノール、フィトケミカルを食事に取り入れると良いとされています。肌をつくる材料になる、タンパク質やアミノ酸も必須です。

単体ではなく、食事に様々な栄養素を組み合わせること、野菜から先に食べる「ベジ・ファースト」を意識することも大切。脂質と糖分の摂りすぎ、冷たい食べ物・飲み物は、極力避けましょう。

顔のたるみ予防ができる
食事を見る

顔のたるみと姿勢の関係

猫背や姿勢の悪さは、顔のたるみに直結します。体内の血流が悪くなって老廃物を溜め込みやすくなったり、顔と頭にかかる力のバランスが崩れ、顔を下方向に引っ張られたりするためです。

正しい姿勢は、体の側面から見て、耳、肩、骨盤が一直線になっています。体がひもで真っ直ぐに吊るされているのをイメージすると良いでしょう。肩甲骨や腰を意識することも、姿勢の改善につながります。

顔のたるみと
姿勢の関係を見る

顔のたるみに効く
表情筋エクササイズ

目元の表情筋である「眼輪筋」を鍛えるのが、顔のたるみ予防には大切です。顔のたるみや、老け顔を印象付けるのが「目元」。1日5セットのエクササイズを、バスタイムや就寝前に行うと良いでしょう。

スマホやテレビの見過ぎ、睡眠不足など、目の負担になる習慣にも要注意です。疲れ目や眼精疲労は、目元の新陳代謝を鈍らせ、たるみやクマの原因になります。

顔のたるみに効く
表情筋エクササイズを見る

顔のたるみが
できやすい人とは?

顔のたるみができやすい人には特徴があります。フェイスラインが丸顔や逆三角形、面長の人は特にたるみが生じやすい・目立ちやすい傾向があります。また、顔のたるみができてしまう人には共通する生活習慣なども存在します。顔のたるみは人種や体質によっても生じやすさに違いが存在します。たるみやすい人の特徴や原因をよく確認しましょう。

顔のたるみができやすい人の特徴を見る

顔のたるみを予防する
紫外線対策

顔のたるみが生じる理由の一つが、紫外線による肌へのダメージです。紫外線といっても波長によって種類や影響が異なりますから、紫外線対策をする際には自分の肌質やライフスタイルと、日焼け止めクリームの種類などに注目しましょう。紫外線対策として日焼け止め以外にも、帽子や日傘、外出の時間帯などを選ぶ方法も効果的です。

顔のたるみを予防する
紫外線対策を見る

顔のたるみとアルコールの関係

飲酒習慣によるアルコールの摂取が、顔のたるみを悪化させている可能性があります。アルコールを摂取すると、血液中に大量の「アルデヒド」が発生し、糖化や酸化などの症状を引き起こします。これらは肌の老化を促進してしまう他、飲酒はむくみをもたらし、睡眠の質も低下させてしまいます。飲酒時は悪影響に備えてしっかり対策しましょう。

顔のたるみと
アルコールの関係を見る

顔のたるみと飲み物の関係

顔のたるみは飲み物によって影響を受けることがあります。水や豆乳、トマトジュースなどは栄養がたっぷり含まれており、水分不足を補うため、肌に良い影響を与えてくれます。しかし冷たい飲み物やアルコール・カフェインなどは水分不足や体温の低下を招いて、顔のたるみを増進させてしまうため、飲み物の選び方や飲み方・タイミングに注意しましょう。

顔のたるみと
飲み物の関係を見る

洗顔が肌のたるみにもたらす影響

肌をきれいにするための洗顔ですが洗顔をやりすぎたり刺激の強い洗顔料を使ったりすることで、肌に本来必要なうるおい成分まで失ってしまいます。肌にたるみやシワ、乾燥などを生じさせないための洗顔方法や洗顔料の選び方を見ていきましょう。

洗顔が
顔のたるみにもたらす影響

季節別の肌ケア方法【春編】

春は季節の変わり目で、気温差によって肌の調子が低下しやすい季節です。花粉やほこりが肌に付着したり、紫外線を浴びたりすることでも肌荒れが起きます。春にすべき肌ケアのポイントを押さえておきましょう。

季節別の肌ケア方法
【春編】

季節別の肌ケア方法【夏編】

夏は強い紫外線で肌のうるおい成分を奪われ、シミやくすみだけではなく乾燥まで招きます。冷房の効いた部屋にいることで生じる「夏冷え」も肌荒れの一因の一つ。日焼け止めなどでしっかり肌を守り、化粧水などで保湿も徹底しましょう。

季節別の肌ケア方法
【夏編】

季節別の肌ケア方法【秋編】

夏に浴びた紫外線のダメージがまだ残っていて、肌に悪影響を与えやすいのが秋です。また、暑い夏から寒い冬に移行する際の寒暖差や、マスクの着脱による肌荒れも悩み。こまめに保湿をし、肌に優しく洗顔をすることが大切です。

季節別の肌ケア方法
【秋編】

季節別の肌ケア方法【冬編】

冬は気温・湿度共に急激に下がるため、体が冷えたり空気が乾燥したりして極端に肌が乾燥しやすくなります。夏と比べれば少ないですが紫外線も降り注いでいるため、寒くてもしっかりUVケアをし、化粧水や加湿器などで肌・空気共にうるおしましょう。

季節別の肌ケア方法
【冬編】

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら