アトピー肌の特徴と注意点

強いかゆみや発疹によって肌がガサガサになるアトピーは、身体的な負担だけでなく、その見た目やかゆみの持続により精神的にも負担を感じてしまうものです。ここでは、アトピー肌についての基本情報を確認すると同時に、アトピー肌の正しいスキンケアや治療法などについて紹介します。

そもそもアトピーとは?

アトピー、アトピー肌とは、アトピー性皮膚炎によって引き起こされた肌の状態を意味します。アトピー性皮膚炎は慢性的なかゆみと湿疹・皮膚炎が症状として現れることで、下記のような肌になります。

  • 皮膚が乾燥してカサカサする
  • 赤みや水分の多い湿疹が出る
  • かさぶたやしこりのような湿疹が出る

年齢によって、アトピー肌の症状が出やすくなる部位というものがあります。

  • 乳児期…頭や顔
  • 幼小児期…ひじやひざ、耳の付け根
  • 思春期・成人期…顔、首から胸、背中

アトピー肌の原因

アトピー肌、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因は、2つあります。

  • 環境的要因…アレルゲンによる外部刺激や汗や乾燥、疲労などのストレスが影響
  • 体質的要因…アレルギー体質の遺伝や肌のバリア機能低下

アトピー肌の治療方法

アトピー肌は慢性的な疾患なので、治療には長い時間がかかります。ただ、症状が出たときに早期に治療することで症状の悪化を防ぐことはできます。

治療方法としては、塗り薬が基本です。

  • ステロイド軟膏
  • 保湿薬

かゆみが強い場合は、飲み薬として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を処方されることもあります。

アトピー肌は繰り返すものなので、症状が和らいだ時に自己判断で治療を止めてはいけません。担当医に相談し、適切な治療を行うことが大切です。

アトピー外来という専門外来を設けている病院もありますので、一度調べてみると良いでしょう。

アトピー肌のスキンケア

アトピー肌は、肌のバリア機能が弱まり水分が不足・乾燥している状態です。ですから、ケアとしては正しい洗浄と正しい保湿を行うことが重要となります。

正しい洗浄方法

  • 洗浄力の強い石鹸などを避ける
  • 洗うときはたっぷりと泡立て、素手または柔らかいタオルで優しく洗う
  • 泡が残らないようしっかりと洗い流す

体をふくときも、タオルで包み込むように優しく拭き取ることが大切です。

正しい保湿方法

  • 入浴後すぐに保湿剤をやさしく塗る

セラミドやスクワラン、ヘパリン類似物質など保湿効果があり水分を逃がさない成分を含むものを選ぶと良いでしょう。

アトピー肌のメイク時の注意点

アトピー肌でもメイクをすることは可能ですが、炎症がひどい場合はファンデーションを塗らずに口紅、アイメイクなどだけに留めておく方が良いでしょう。

また、炎症が軽い場合は敏感肌用の刺激の少ないファンデーションを選ぶようにしましょう。

メイク前に保湿ケアをしっかりと行い、メイクは薄めにして肌の負担にならないようにすることも大切です。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら