ビタミンA

ビタミン類は美肌に欠かせない、とよく見聞きしますが、その中でも「ビタミンA」の働きがどのようなものかはご存じでしょうか?ビタミンAの効果や摂取方法について紹介します。

ビタミンAとは?

ビタミンAは、油に溶ける性質を持った「脂溶性ビタミン」の一種類に分類されている成分です。炭素と水素のみでできているカロテノイドの一つ「カロテン」は、人の体内に入るとビタミンAと同じ働きをする物質に変換されます。こうしたビタミンAの前駆物質は「プロビタミンA」と呼ばれており、「βカロテン」「αカロテン」などの名称で知られています。

脂溶性ビタミンであるビタミンAは体内に蓄積される特性を持っているため、摂り過ぎると「ビタミンA過剰症」と呼ばれる症状が出る可能性があります。

ビタミンAの効果

ビタミンAは人の視力を強くする働きがあることで知られています。人が薄暗い場所でも慣れて見えるようになるのには、光の明暗を感じる「ロドプシン」という物質の働きがかかわっており、ビタミンAはこのロドプシンの再合成に必要な成分です。他にも色を見る働きにもビタミンAがかかわっており、ビタミンAを十分に摂取することは夜盲症の予防や、視力低下の対策として効果が期待出来るのです。

また、ビタミンAは皮膚や粘膜を構成する「上皮細胞」の生成に役立っています。肌の古い角質層を除去してターンオーバーを促す作用があるため、くすみやしみ、ニキビ跡を目立たなくすることに役立ち、美肌効果も期待できます。

肌の潤いを保って弾力やハリを維持するコラーゲンの合成を促す働きも持っていることから、保湿にも効果が期待できます。皮脂分泌をコントロールして毛穴トラブルを防いだり、細胞のバリア機能を高めて紫外線から肌を守る働きも高められるでしょう。

ビタミンAは肌だけではなく、体全体の免疫力を高めることにも役立ちます。

ビタミンAを摂り入れる方法

ビタミンAは鶏レバーや豚レバーの他、あんこうの肝やウナギのかば焼き、銀だらといった魚介類からも摂取できます。また、モロヘイヤやニンジン・しそ・かぼちゃといった緑黄色野菜も効果的です。

また、ビタミンAを配合した化粧品も展開されています。ビタミンA配合化粧品を選ぶ際は、自分の肌質や体質にあったものを選ぶようにしましょう。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら