シミ・そばかす・肝斑の違い

顔にできたシミやそばかすが気になって仕方がないと言う人もいるのではないでしょうか。ただし厳密に言えば、シミやそばかす、そして肝斑にはそれぞれの特徴や違いがあります。

似ているけれど違うシミ・そばかす・肝斑の特徴と、防ぐ方法を見ていきましょう。

シミとは?

「シミ」と呼ばれるものは、紫外線を浴びることによってできる「老人性色素班」です。紫外線を浴び続けると、その箇所が時間の経過と共に茶色く変色していくことから「老人性」という名前で呼ばれています。40歳ごろから頻繁に見られるようになるのが特徴で、シミと肌色の境界線がはっきりしている、薄茶色の円形または楕円形の色素沈着のことです。

皮膚は紫外線を浴びると「メラノサイト」と呼ばれる、肌内部のメラニンを生成する存在が活性化してしまいます。これによってメラニン色素が過剰分泌されてしまい、長年の紫外線ダメージの蓄積でメラニンが色素沈着となって残ってしまうのです。

そばかすとは?

そばかすは正しくは「雀卵斑」と呼ばれるものです。シミとは違って遺伝的な要素でできることがほとんどであり、5㎜以下の小さなシミが鼻を中心として周囲に散らばるようにあらわれます。

シミとの違いは鼻の周辺・頬などに多くあらわれる点や、一つ一つの斑点が細かい点。そばかすが現れるのは早ければ3歳ごろからであり、10代の思春期に特に多く見られます。思春期が過ぎると、年齢と共に目立たなくなっていくのも特徴。

肝斑とは?

おでこや頬、口の周りなどに左右対称にして現れるのが「肝斑」と呼ばれるものです。肝斑は女性ホルモンの影響を受けて現れやすく、30代以降の女性に良く見られます。閉経を境に肝斑が薄くなったり消えたりすることも多く見られます。

肝斑は紫外線を浴びることで濃くなったり、範囲が広がったりすることもあります。

シミ、そばかすを防ぐためには

シミやそばかすを防ぐためには、とにかく年中無休で紫外線対策をすることが一番です。夏だけではなく冬にも紫外線は降り注いでいますから、外出の際には日焼け止めを使ったり、日傘や帽子などを活用しましょう。

また、肌のターンオーバーと共にメラニンは排出されていきますから、睡眠不足や栄養不足、スキンケア不足などターンオーバーを乱す要因の対策をすることも、シミ・そばかす予防に繋がります。

Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら