アラフォーの顔のたるみ解決GUIDE » 顔のたるみを予防する生活習慣 » たるみのない肌は、毎日の食事でつくる

たるみのない肌は、毎日の食事でつくる

顔のたるみを予防する食事、成分、食べ方を知って、生活に取り入れましょう。

食事の際のポイント

身体が老化する原因は、体内の「活性酸素」が増えたり、身体が「糖化」することと言われています。「糖化」は「身体のこげ」と例えられる現象で、老化を促進させるAGEs(最終糖化産物)を体内に産生します。

  • ・「活性酸素」の除去→抗酸化作用のある食事を摂る
  • ・「身体の糖化」を避ける→ ベジ・ファーストを意識する。脂質、糖分過多に注意。

  • この2点が、しわやたるみを防ぐための大切なポイント。毎日の食事内容や食べ方を意識するだけでも、効果が期待できます。

    抗酸化作用のある食事を摂る

    活性酸素を体内から除去する「抗酸化作用」のある成分を積極的に摂りましょう。ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、フィトケミカル(植物に含まれる色素や香りの成分)などが代表的です。食事でも、サプリメントでも、どちらでも有効です。ひとつを多く摂取するのではなく、複数を組み合わせるとより効果的でしょう。

    野菜先食べ

    「身体の糖化」を防ぐには、「ベジ・ファースト」と呼ばれる、野菜を先に食べる習慣が有効です。身体の糖化や肥満の原因となる、血糖値の上昇が抑えられます。ゆっくりよく噛んで食べる、ドカ食いしないことも意識するといいでしょう。色の濃い野菜や果物、鶏の胸肉には抗酸化成分が多く含まれています。

    たるみ予防のおすすめ栄養素

    大豆イソフラボン

    大豆イソフラボンは、女性らしさを形づくるホルモン「エストロゲン」に似た働きをします。肌に潤いやハリ、弾力を与え、たるみを予防します。豆腐、納豆、きな粉など、大豆製品に多く含まれています。サーモンやカボチャに多く含まれるビタミンEと同時に摂取すると、より効果的です。

    アミノ酸

    健康的な身体を維持するのに必要なタンパク質は、アミノ酸が結合したものです。肌の潤いを保つコラーゲンや、エラスチンの材料にもなっています。アミノ酸が不足すると筋力が低下、シワやたるみの原因にもなります。アミノ酸の中でも、アスパラギン酸、コラーゲンの生成に欠かせないプロリンは、肌の調子を整えるのには欠かせない栄養素となるでしょう。プロリンは、豚肉や牛すじなど、動物性タンパク質に多く含まれています。

    ポリフェノール

    ほとんどの植物にある苦味や色素の成分。さまざまな種類があり、赤ワイン(ポリフェノール)、緑茶(カテキン)、ブルーベリー、アサイーベリー(アントシアニン)などに含まれています。抗酸化作用が高く、血行不良の改善やシミ、シワの予防効果が期待できます。

    ビタミン類

    ビタミンは、タンパク質から肌がつくられるときに、働きをサポートする成分です。抗酸化力が高く、肌のハリや弾力アップ、シミやニキビの予防効果も期待できます。どれか一つを大量に摂るのではなく、バランスよく摂取することがポイント。また、血中に入る時間が短いため、朝・昼・晩と時間を分けてこまめに摂取することが大切です(特に、夜の吸収率が高いと言われています)。

    アスタキサンチン

    サーモン、えび、カニなどに多く含まれる赤い色素。緑黄色野菜に含まれる「カロテノイド」の一種です。ビタミンCの6000倍の抗酸化力を持つと言われています。

    気をつけたい食事

    脂質・糖分過多

    揚げ物や甘いものを多く食べすぎると、肌の老化の原因となる「糖化」が加速します。特に、空腹時の甘いものは要注意。血糖値が急上昇し、美肌はおろか、健康面でも悪影響があります。

    冷たいもの

    冷たい飲み物や生野菜などは、身体を冷やします。新陳代謝が悪化してしまい、老廃物や毒素のデトックス(排出)が停滞することに。その結果たるみの原因にもつながります。

    Dr. 近藤惣一郎のカウンセリング予約はこちら